2017年アニメ

2017年春「見たいアニメランキング」より5選

2017年もいよいよ4月に入り「春アニメ」が本格始動しましたね。

そこで今回は「この春みたいアニメランキング」をもとに注目のアニメを5作品紹介してみようと思います。ちなみにランキングのデータは、いつも視聴させていただいています「dアニメストア」から引用させていただきました。

ダントツの注目度「進撃の巨人 Season 2」


(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

『突如現れた”巨人”によって人類は滅亡の危機に立たされる。』

今や「知らない人がいないくらい」とも言える諫山創原作によるダークファンタジー「進撃の巨人」。その第二期です。

2013年4月から9月まで放送された第一期では、その期待度から進撃の巨人を巻頭特集したアニメ雑誌「PASH!」の完売が続出し急きょ増刷されるなど何かと話題を呼びましたが、約3年半の月日をおいての第二期は、第一期最終回で女型の巨人を捕獲したシーンの続きからスタートします。

さて、今回も注目するポイントはいくつかありますが、ストーリー以外の部分ではオープングテーマを歌うLinked Horizonの「心臓を捧げよ!」が挙げられるでしょう。

第一期前半のテーマソング「紅蓮の弓矢(ぐれんのゆみや)」はその圧倒的なスケールやスピード感が作画とマッチして”超かっこいい”オープニングと話題を呼びました。

第64回NHK紅白歌合戦では、アルミン・アルレルト役の井上麻里奈さんのナレーションと60名以上の合唱団を引き連れてのパフォーマンスとなったLinked Horizon。

今回もかっこいいOPに期待です!

安定した人気の「夏目友人帳 陸」


(C)緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」制作委員会

『妖(あやかし)の名前が記された契約の書”友人帳”をめぐるファンタジー』

現在も連載が続いている緑川ゆき原作の「夏目友人帳」は安定した人気を誇り、今回でアニメも六期目となります。

祖母が残りした友人帳とめぐり妖たちに襲われそうになったり、ときには救われたりと妖と人間とのつながりがファンタスティックに描かれるこの作品は、ランキングでも男女問わず安定した支持を得られており「一期から見て欲しい作品」としてもおすすめです。

「ソード・オラトリア」ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝


(C)大森藤ノ/SBクリエイティブ/ソード・オラトリア制作委員会

「ダンまち」の略称でおなじみの大森藤ノ原作「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の外伝。

2015年にアニメ化された際には、ヒロインのヘスティアが身につけている紐が腕の動きにあわせて胸を上下させる変わった衣装が海外で紹介され「例の紐」ブームを巻き起こし、結果、2015年度アニメ流行語大賞では「例の紐・紐神様」が銀賞を取るなど社会現象を巻き起こしたことでも有名の本作。

物語は地下に広がる広大なラビリンス(迷宮)を舞台にした冒険ファンタジーで、物語の進行とともに様々な人との出会いが描かれており、男性からの支持がかなり強い作品です。

今回は「ソード・オラトリア」と題して、ヒロインの一人であるアイズ・ヴァレンシュタインが主人公として描かれます。

「ロリ神」とも呼ばれるヘスティアに対し、物静かで神秘的な雰囲気のアイズ・ヴァレンシュタインは16歳ながら”大人の剣士”としてのイメージが強く、ファンの間ではヘスティアと人気を二分していると言っても良いでしょう。

ダンまちは第4回GA文庫大賞では大賞、第3回ラノベ好き書店員大賞では第1位を獲得している実力がある作品ですから、外伝から本伝に入っても十分楽しめると思いますよ。

ドタバタコメディ「エロマンガ先生」


(C)2016 伏見つかさ/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/EMP

ヒロインの和泉紗霧(いずみさぎり)はセクシーなイラストを描く引きこもりの中学生と、兄で高校生兼ライトノベル作家の和泉正宗(いずみまさむね)とのドタバタを描いたホーム&業界コメディ。

ネットライブ(ネット中継)でのハプニングをきっかけに疎遠だった兄妹関係が急接近するシーンは前作「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」を彷彿とさせてくれますが、イントロダクションとしてはとても面白いですよ。

その他、詳しい情報は「声優藤田茜にも注目が集まる”エロマンガ先生”」の記事を見てくださいね。

セクシーさが話題の「sin 七つの大罪」


(C)ホビージャパン・Niθ/「sin七つの大罪」パートナーズ

まず、「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「嫉妬」人間を大罪(七つの大罪)へ陥れようとする悪魔を描いたダークファンタジーなのですが、七つの大罪を扱った他の作品に比べ、かなりセクシーなキャラクターが多い(と言うか、ほとんど全員)のが特徴です♪

女子高生の十束真莉亜(とつかまりあ)が学校で礼拝を捧げていると、天界を追放され傲慢の罪で堕天した血まみれのルシファーが突然目の前に現れるところから物語はスタートします。

この出会いをきっかけに真莉亜はルシファーとともに逆襲の旅に出ることになりますが、人間を大罪に陥れようとする美しい悪魔が様々な”誘惑”を仕掛けてくると言うストーリーなのですが、描写は結構きわどいシーンが多いアニメなので「”成人”男性向けなの?」と思われる方も多いかもしれません(笑)

…が、意外にもランキングでは男性(10位)より女性(4位)の期待度のほうが高めなんですよ。

「七つの大罪」を扱った作品は他にも多くありますが、この作品では大罪へ陥れようとする悪魔は全てセクシーな悪魔として描かれていますから、他の作品のキャラクターとは一線を画していることが魅力の一つとして挙げられるのかもしれません。


カテゴリ

open all | close all

フォロー歓迎!

  1. 2017年アニメ

    エンディングはデーモン閣下!「sin七つの大罪」第1話感想とあらすじ
  2. 2015年アニメ

    アニメ第二期は時間の問題!?「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか…
  3. 2010年アニメ

    最終回に唖然「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 黒猫ハッピーエンドはあったのか…
  4. 2014年アニメ

    「のうりん」林檎が失踪してフラグ確定か?
  5. 2016年アニメ

    『この素晴らしい世界に祝福を!』カズマの彼女はめぐみん!?
PAGE TOP