2014年アニメ

「魔法科高校の劣等生」司波達也の正体と深雪の関係とは?

この作品の素晴らしいところは「魔法は呪文を唱えれば発動される」と言うファンタスティック(おとぎ話)な要素ではなく、「魔法は現代の技術として体系化されたもの」として描かれている点にあると言えます。

つまり、「”空中浮遊”などと言った特殊能力は、科学の進歩とともに歩み出されたもの」と言う視点ですので『魔法』と言うタイトルはついていますが、リアル世界に近い設定(ローファンタジー)になっていますので非常に飲み込みやすい展開です。

さて、この作品の一番の見所はヒロインの司波深雪(しばみゆき)の神秘的な魅力も去ることながら、卓越する能力があるにも関わらず入学試験の成績から下位のクラスに入ることとなった主人公「司波達也(しばたつや)」の活躍でしょう。

しかし、その活躍ぶりに「達也って何者?」「なぜ、あそこまで冷静なの?」と思われる方も多いはず。

そこで今回は主人公の達也の秘密について解説していこうと思います。

もちろん、以下はネタバレです!

そもそも「魔法科高校」って何?

まず、主人公の達也と妹の深雪が入学する『国立魔法大学付属第一高校』について触れておきましょう。

第一高校とは、”魔法師”を育成する教育機関で魔法に関する能力を持ったエリートが通う最難関校です。

しかし、入学試験の成績によって「一科生(ブルーム)」「二科生(ウィード)」にわけられるのですが、一科生と二科生では制服のエンブレムや授業内容が異なり、また成績に対するプライド意識から一科生が二科生を見下すなど「生徒格差」が蔓延している特徴があります。

▲二科生の達也は肩のエンブレムは無地、一科生の深雪にはエンブレムが刺繍されている。

そんな第一高校に入学することとなった達也と深雪でしたが、成績首位で総代を努めることとなった深雪に対し、達也はペーパーテストこそ過去最高点をマークする成績を収めるものの、「魔法の実技」では得点を上げることができなかったため「二科生」として入学することとなります。

司波達也に周囲が度肝を抜かされる名シーン!

この作品をみていて気持ちいいのは、二科生として冷ややかな目で見られている達也がハンパない強さで問題を解決し周囲が驚愕するところではないでしょうか?

(1)服部との対決!

入学早々の【第2話】で魔法を分析する能力を買われ「風紀委員」に選抜された達也でしたが、二科生より風紀委員に登用した実績がないことや、一科生と言う自身メンツから生徒会副会長の「服部 刑部少丞 範蔵(はっとり ぎょうぶしょうじょう はんぞう)」は異議を唱え、達也と直接対戦することに…

結果は達也の一方的な勝利!

そして、この対決で達也が有している能力が入学試験では評価対象外であり「入試(テスト)が本当の能力を示していない」ことに気が付かされた生徒会の面々は、達也の隠された能力に恐々します。

(2)剣道部と剣術部の乱闘を鎮圧!

風紀委員として活動する達也は【第3話】で、剣道部の壬生紗耶香(みぶさやか)と剣術部の桐原武明(きりはらたけあき)の衝突&乱闘を瞬時に鎮圧! 良くも悪くも注目の的に…

(3)九校戦での「グラム・デモリッション」

【第15話】では、負傷した自校の生徒に変わり、技術スタッフだった達也は急きょ九校戦に出場することに。

そして、できる人はほとんどいないと言われる対抗魔法「術式解体(グラム・デモリッション)」を発動し、達也をライバル視する一条将輝(いちじょうまさき)や生徒会長の七草真由美(さえぐさまゆみ)らを驚かせます。

(4)空中浮遊術で優勝する深雪

九校戦の【第17話】では、達也が考案したCAD(空中浮遊)で見事に優勝する深雪。

司波達也の正体は?

で、答えですが、これはアニメ本編(高校生)より昔にさかのぼります。

まず、達也と深雪は「十師族」と呼ばれる日本魔法師界に君臨する10の家柄の中、最も実力があるとされる『四葉家』の現当主の甥姪にあたります。(秘密主義の家系であるため対外的に「司波」の名字を使用し、過去の個人データも操作されているとのこと)

そして、隠された能力は魔法に対して深雪より能力が低かった達也に対して、四葉家のメンツを意識した母親によって行われた「人造魔法師実験」が影響します。

ここで達也は魔法の「分解」と「再構築」の能力を会得しますが、その反面「妹を愛する」と言う感情以外は排除され、自身が有する魔法の力もこの分解と再構築に占有されることになってしまいます。

これにより、魔法の能力に偏り(アンバランス)が生じるわけです。

そして、達也の隠された正体は…

『国防軍に所属する”大黒竜也特尉”』『開発者”トーラス・シルバー”』と言う側面です。

【第24話】では、「全国高校生魔法学論文コンペティション」最中に横浜に急襲した大亜連合軍の艦隊に対応するために軍の情報規制が一部解除され、七草・十文字克人(じゅうもんじ かつと)・渡辺摩利(わたなべまり)ら生徒を前に、国防軍少佐の風間玄信(かざまはるのぶ)が達也に『特務』を命じます。

(「えっ、特務!?」「軍人なの!?」など、状況がすぐに飲み込めない周囲の生徒の様子や、やむを得ず正体を明かす達也をみていると「達也すごっ!」って思いますね。)

そもそも、達也が軍に関わることとなったのは人造魔法師実験後の家族旅行でのこと。

訪れた沖縄で侵攻に巻き込まれた達也は、国防軍少佐の風間玄信(かざまはるのぶ、上図で敬礼している軍人)と出会い、深雪を傷つけた敵に復讐するために共闘し、達也はそれ以降「特務」と言う非公式なポジションで活動することとなります。

ちなみに、深雪が「お兄様」とブラコンぶりを発揮することとなったのは、このとき達也に『再生魔法』によって命を救われたのがきっかけです。(再生とは重傷者を復元ポイントまで身体を回復させる能力のことで、日本でその能力を有するのは達也を含めて2人しかいないとのこと。)

また、中条あずさ(なかじょうあずさ)は魔工師(エンジニア)の「トーラス・シルバー」を敬愛していましたが、そのシルバーは達也(トーラスは牛山)のことです。

(高校生なのにスゴイ!!)

と、達也のスゴイ能力はこの通りなのですが、一方、深雪への愛情を除く感情(悲しみ・嫉み・恨みなど)が奪われてしまったのも、なんだか悲しい話です。

アニメ第一期は終了しましたが、2017年6月には『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』も公開されますし、原作はまだまだ続いていますので達也と深雪の活躍に注目したいですね。

(C)佐島勤/KADOKAWA アスキーメディアワークス刊/魔法科高校の劣等生制作委員会


カテゴリ

open all | close all

フォロー歓迎!

  1. 2017年アニメ

    「武装少女マキャヴェリズム」にマツコ・デラックス!?
  2. 2017年アニメ

    2017年春アニメ、初回の放送を終えた段階での人気ランキング
  3. 2017年アニメ

    2017年春「見たいアニメランキング」より5選
  4. 2010年アニメ

    『エンジェルビーツ』感動の最終回にも関わらず評判が悪い理由
  5. 2017年アニメ

    作家ならではのシーンに気が付いた?『エロマンガ先生』第4話ネタバレと感想
PAGE TOP