2017年アニメ

リューズまさかの恥辱責め!? 『クロックワーク・プラネット』第3話のネタバレと感想。

今日は『クロックワーク・プラネット』の第3話「真正面突破(コンフリクト)」からネタバレを含めた感想をお届けします!

マリーがナオトに協力を依頼するものの

冒頭「リューズはブレゲ家の資産であるため返却して欲しい」と申し出るマリーでしたが、ナオトは「いやだ!」の一点張り。

確かにここで「はい、わかりました。」とはならないですよね。

しかし、パージの時間も迫り焦るマリーはナオトを処分して力ずくでリューズを回収しようと口走ります。が、殺意を感じたリューズは瞬時に反撃に!

まぁ、マリーも冗談半分なのでしょうが、このあたりはナオトをマスターと慕うリューズならではの反応なのでしょう。

改めてマリーは「7時間後に京都がパージされる」とナオトに告げるとともに、リューズに「歯車の制作者Yが後生に託した星のメンテナンスマシンであり、危機的状況であるが故に目覚めたのでは?」と問いかけます。

これに対しリューズは「全くの見当外れです。ナオト様のおそばにあり全てを尽くすこと。」と一言。

これに照れるナオトでしたが、急に表情が変わり重力異常(地震)が発生するから避難するようにナオトが進言します。

重力異常が落ち着き「…そりゃ、あんなデカイ音がすればわかるよ!」とナオトは言いますが、同時にマリーは「今時、外の雑音を100%遮断できるヘッドホンを付けているのに、なぜ私と会話ができるの?」と疑問を感じます。

さらに、ナオトは重力異常の発生源が「コアタワーの第24層」と告げますが、第24層が故障(パージ)の原因になっていることを話していないマリーはナオトの不思議な能力に驚くと共に、その能力にパージを防ぐ活路を見出します。

この「あんた何者!?」って描写はどのアニメでも痛快でいいですよね。

リューズも「206年眠っていた私を目覚めさせたのはナオト様です」とナオトの秘められた能力を進言し、マリーは「力を貸して」と協力を依頼します。

当初は「いや…」消極的なナオトでしたが、リューズが「第24層に自分の妹がいる」と告白しナオトの表情は一変!

男ってそんなもんですよね(笑)

虚数時間「デュアル・タイム」起動!

さて、第24層に向かう一行を妨害する軍でしたが、ここでリューズはナオトが修理したことにより起動できるようになった虚数時間「デュアル・タイム」で敵を撃破します。

この技により、リューズは敵を数時間かけて撃退しますが、ナオトやマリーには「あっという間の出来事」のように感じます。要するにリューズ自身に働く「時の流れ」をコントロールできる技というわけです。

自由意志によるラブコメ展開

さて、敵を撃破し落ち着いたところでナオトはリューズに「お嫁さんになってくれ!」といきなり告白します。

まぁ、綺麗に変身した姿と自分のために戦ってくれる献身的な姿を見せられれば刺激されるのも理解できますが、一応、パージが迫ってる状況ですからこのいきなり感は笑えました。

さらにナオトに好意を抱いているのは自由意志であることを告げたリューズに対しナオトは「どれくらい好きな、その回数だけうなずいてくれる?」と恥辱責め!!

かなりの回数うなずくリューズにナオトは「生きてて良かったー!」と涙目ですが、見てる方が恥ずかしい展開ですよね。

これにはマリーも「ラブコメしてる場合かぁ!!!」と一喝し第3話終了です。

何はともあれ、これで主要キャラクターが揃いましたね。

パージを防ぐことができるのか第4話に期待です。

(C)榎宮祐・暇奈椿・講談社/クロプラ製作委員会

カテゴリ

open all | close all
  1. 2005年アニメ

    ロボット×サーフィン!? 画期的なアニメ「交響詩篇エウレカセブン」
  2. 2017年アニメ

    声優藤田茜にも注目が集まる「エロマンガ先生」
  3. 犬夜叉

    『犬夜叉』桔梗は人間となった犬夜叉と幸せに暮らすことができたのか?
  4. 2017年アニメ

    「ダンまち」のヘスティア登場!? 『エロマンガ先生』第5話のネタバレと感想
  5. 2016年アニメ

    ラグナロクオンラインが元ネタの『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った』ネタバレと感…
PAGE TOP